ぶどうとブドウ畑

                   

私共のワインの真髄は100 ヘクタールの私共のブドウ畑にあります。200へクタールはこの地域トロ特有のぶどう品種「テンプラニージョ」、残りの100へクタールはやはりこの地域特有のぶどう品種である「ベルデホ」の畑です。
モンテ・ラ・レイナではぶどうが最も良い状態に熟した時点で収穫選別し、ワインの香りや色を最大限に引き出す努力をすることによってエレガントなワインに仕上げています。

私共は畑からお客様のもとに届くまでの一貫したトレイサビリティーを実現しています。選別テーブルの上にあがったぶどうのうちもっとも品質の良いものだけがワインとなります。

粘土質の土地で、ある部分は砂地、ある部分は小石交じりの乾燥した土という恵まれた環境のおかげと適切な栽培および生産の管理により、よく熟して最適なアルコール度と洗練された香りを持った実を沢山つけたぶどうを収穫することができます

ぶどうの品質と注意深い選別によりこの地方特有品種のティンタ・デ・トロ種(テンプラニージョ)とベルデホ種からさまざまなコンビネーションの素晴らしいワインの数々が生まれるのです。